カナダでオーロラを見れる場所【星空の完全ガイド】

カナダでオーロラを見れる場所

皆さまの中にこのような考えの方はいらっしゃいますか?

  • 「ああ、オーロラに出逢えたら、きっと忘れられない景色になるだろうね」
  • 「この目でオーロラを見てみたいんだ、一生に一度の体験だからさ」
  • 「きっとオーロラは、見る者の心を奪う魔法だろうね」
  • 「カメラに収めるより、目で見たいんだ、オーロラをね」

人生に一度はオーロラをみたいと思いませんか?

写真や映像でオーロラをみれても

ホンモノのオーロラをみれる人は少ないはずです。

カナダにはオーロラを見れる場所がいくつもあります!

この記事では

オーロラベルトに接している数少ない国であるカナダで

  • オーロラをみれる場所確率を知りたい!
  • あまり寒くない場所でオーロラをみたい
  • オーロラを安くみるには?
  • オーロラ観測便利サイト

について説明します。

 

 

筆者
カナダ在住者がおススメする「オーロラ鑑賞」方法を説明。
実際にオーロラがみれる地域に観光した情報をもとに作成しています。

 

♪カナダ旅行 お土産におすすめの雑貨♪【厳選15選】

カナダのオーロラを見れる有名な場所

カナダで有名なオーロラを見ることができる場所はいくつかあります。

  1. イエローナイフ ノースウエストテリトリー州の- ここは世界でも最高のオーロラ観光地の1つです。
  2. ホワイトホース、ユーコン – 晴れた暗い空がありますので、ホワイトホースもオーロラを見るための素晴らしい目的地です。
  3. チャーチル、マニトバ – この町は「ポーラーベアの王国」として知られていますが、オーロラの観光地としても非常に人気です。
  4. ジャスパーナショナルパーク、アルバータ州 – この美しい公園は風景の美しさと晴れた夜空で知られており、オーロラを見るには最適の場所です。オーロラは冬の月に最も見られやすく、夜が最も長く暗い時期です。

 

カナダでオーロラを見れる場所の「イエローナイフやホワイトホース」はきいたことがある人もいるんじゃないかな

オーロラを見れる場所 イエローナイフ

イエローナイフ カナダ 矢印

 

イエローナイフは、カナダでオーロラを見れる場所として有名!

3日間の滞在でオーロラ鑑賞確率約90%をはるかにこえるといわれるほどのオーロラ鑑賞の代表地。

  • ノースウエスト準州の州都
  • 北緯62度
  • 平均気温 夏季:15℃ 冬季:-25℃

 

 

北緯62度は日本では北海道のはるか上。

北緯62度に位置している国は

  • ロシア
  • ノルウェー
  • スウェーデン
  • フィンランド
  • カナダ

という寒い地域の代名詞の国。

 

 

気温のイメージ

イエローナイフの夏の平均気温15℃

日本の3月~4月。10月~11月。

厚手の上着を着る必要がある季節です。

 

イエローナイフの冬の平均気温-25℃

北海道 生田原で最低気温-23℃を計測。日本では-25℃の地域はかなり限られます。

気象庁のホームページをみると、「3月の歴代最低気温」が以下のようになります。

 

順位 都道府県 地点
起日
1 北海道 十勝地方 帯広 -35.2 1895年3月3日
2 北海道 宗谷地方 歌登 -34.1 1986年3月4日
北海道 上川地方 旭川 -34.1 1895年3月3日
4 静岡県 富士山 -33.9 1946年3月8日
5 北海道 上川地方 朱鞠内 -33.2 1986年3月4日
6 北海道 上川地方 下川 -32.3 1986年3月4日
7 北海道 上川地方 占冠 -32.1 1986年3月4日
8 北海道 上川地方 美深 -31.5 1986年3月4日
9 北海道 上川地方 幌加内 -31.4 1986年3月4日
北海道 網走・北見・紋別地方 滝上 -31.4 1986年3月4日

引用:気象庁

 

日本でも-25℃を体験することはほぼないですね

イエローナイフでオーロラを鑑賞できる時期

冬 11月~4月

夏 8月~9月

 

オーロラ鑑賞できるのは冬だけではありません!!

夏もオーロラ鑑賞できるチャンスがあります!

 

オーロラ鑑賞にいかない理由が

「極寒の地にいくのはいやだから」という方は

夏にカナダへオーロラ鑑賞しにいってみてはいかがでしょうか。

 

 

さかさオーロラ

夏にオーロラをみにいくことをおすすめする理由は

寒くないだけではありません。

湖が凍結するまえにオーロラをみれば

「空に映るオーロラと湖に映るオーロラ」が目の前に広がる大迫力の光景をみれるかもしれません!

 

カナダのスーパーで買えるお菓子【おすすめ10選】

ホワイトホース

ホワイトホース

  • ユーコン準州の州都
  • 緯度60度
  • 平均気温 夏:14℃ 冬:-14℃

緯度はイエローナイフと同じくらい。

イエローナイフもカナダでオーロラを見れる場所として有名!

 

 

平均気温はイエローナイフと夏は同程度。

冬はイエローナイフのほうがホワイトホースよりも寒いとされています。

 

夏は厚手の上着で過ごせますが、冬は完全な極寒対策をしないとホワイトホースに滞在できません。

 

ホワイトホースでオーロラが見れる時期

冬季:11月~4月

夏季:8月~9月

 

ホワイトホースがオーロラ鑑賞に人気な理由

 

  • 宿泊施設からオーロラ鑑賞できる
  • イエローナイフよりも寒さが低減されている

宿泊施設からオーロラをみれることが選ばれる理由としておおきい。

寒さが苦手な方におすすめ!

 

カナダでオーロラを見れる場所として 実は穴場!?バンクーバー

バンクーバーからもオーロラが見れることがあります。

見える期間は稀

見えるオーロラは写真家が撮影するようなオーロラではないです。

 

とはいえ、オーロラをすこしだけ見たい人には

カナダ バンクーバーでオーロラを見るという選択肢もあります。

(オーロラを見れる可能性がかなり低いため、期待は禁物です)

 

運任せなオーロラ鑑賞のため、

バンクーバー観光をしつつ、オーロラをみれたらいいなという方におススメ。

オーロラを見れる時期 一覧

夏季 冬季
イエローナイフ 8月~9月 11月~4月
ホワイトホース 8月~9月 11月~4月

オーロラが見れるベストシーズンは

  • 夏の終盤~秋の初旬
  • 冬期間

 

 

夏の終盤から秋の初旬にオーロラをみれることに

驚かれた方もおおいのではないででしょうか。

 

 

極寒のなかではなくてもオーロラをみれます!

寒さを理由にオーロラ鑑賞を断念した方は

夏~秋に訪れるツアーに申し込みましょう!

オーロラとは

オーロラは北極圏と南極圏で見られる天体現象です。これは地球の磁場に影響を及ぼす太陽風によって引き起こされます。太陽風は地球磁場を通過して、磁気線層に到達すると、ガス分子や電子が加速されて光を放つことがあります。これがオーロラの原因。

オーロラは夜空に美しい架空の光線として見られます。色は緑、青、紫などがありますが、青緑色が最も一般的。オーロラは時間とともに変化することがあり、また、オーロラには動きがあります。

カナダでは、オーロラを観るためには北部の地域が最適。これは、これらの地域には光汚染が少ないためです。また、冬の時期には夜が長いため、オーロラを見る機会がより多いと考えられます。

有名なオーロラ観光地としては、イエローナイフ、ホワイトホース、チャーチル、ジャスパーナショナルパークなどがあります。これらの場所では、普段からオーロラ観測ツアーが行われており、観光客にはオーロラを最大限に楽しむことができます。

無料・会員登録不要でみれるオーロラ天気予報

オーロラ予報ドットコムはご存じでしょうか?

天気予報と同様に

オーロラをみれる確率を数値化して教えてくれるサイトです。

直近3日間のオーロラが出現する確率を予想してくれます。

 

 

1から10まで段階があり、

10に近づくほど、オーロラをみれる確率があがります。

地図と色でオーロラのみやすさを表現しているため

英語が不慣れでもわかります。

https://auroraforecast.com/

 

 

 

 

次に説明するこちらのサイトは

30から90分後までのオーロラの強さと範囲をおしえてくれる

https://www.swpc.noaa.gov/products/aurora-30-minute-forecast

 

 

30~90分後までのオーロラ予報をしてくれます。

イエローナイフやホワイトホースのオーロラスポットににいるときに重宝するサイト。

会員登録不要、無料でオーロラ予報をみれます。

https://www.swpc.noaa.gov/products/aurora-30-minute-forecast

 

カナダ 世界遺産ランキング【8選】

カナダ オーロラ鑑賞 費用

コイン オーロラ ツアー

ツアーに申し込む際のツアー費用

  • イエローナイフ観光のみ
    30~60万円
  • イエローナイフ + ナイアガラの滝 観光
    50~80万円
  • ホワイトホース観光のみ
    60~100万円

 

ツアーを組まなかった場合の費用 2月中旬

往復

  • 往復飛行機代 28万円~ (日本からイエローナイフ 乗り継ぎ1回)
  • 往復飛行機代 28万円~ (日本からホワイトホース 乗り継ぎ1回)

ホテル

  • ホテル代 4~22万円 (ホワイトホース 現地4泊)
  • ホテル代 5~22万円 (イエローナイフ 現地4泊)

 

飛行機代とホテル代だけでも30万以上。

空港からの送迎やガイドツアーの料金を考えると

ツアー料金が高いのも納得。

 

各社ツアー、ガイド情報

JTB

  • オーロラ撮影時のコツ
  • 現地での服装
  • イエローナイフとホワイトホースのタウンマップ

ツアーの比較とともに一読されることをおすすめします。

 

日本旅行

写真家の方に同行していただくツアーが人気!

思い出やSNSのためにも記録はきれいにのこしたいですよね。

そんなあなたにおすすめなツアーがあります!

 

楽天トラベル

楽天ユーザーにはなくてはならない存在。

旅行代金の支払いとともに楽天ポイントがたまる!

楽天ユーザーはオーロラツアーを比較検討すること必須。

 

 

 

オーロラが見える場所・時期・費用のまとめ

カナダでのオーロラ観賞はまさに自然の奇跡を体験するようなものです!

イエローナイフ、ホワイトホース」に代表されるオーロラの名所で

美しい星空と共にオーロラを楽しんでみてはいかがでしょうか

このガイドがあなたを未知の世界へと案内する内容だとうれしいです。