ドラムヘラー観光の魅力 【化石発掘】体験も!おすすめ観光スポット特集

ドラムヘラーは知る人ぞ知る恐竜の化石の有名スポット

 

太古の”恐竜の歴史”に触れてみませんか?

今回は、カナダのアルバータ州にあるドラムヘラーという場所をご紹介!カナダのドラムヘラーは地形の複雑さ、繁華街から遠く離れているということから、今でも化石が発見され続けています。

Alberta

恐竜好きにはたまらないスポット!ドラムヘラーは、恐竜の化石がたくさん見つかる場所として有名!化石発掘体験ができることでも注目!(事前予約要)

世界有数の化石の発掘地 ロイヤル・ティレル古生物学博物館には10万点以上の化石が所蔵されているよ。
カナダで「山や川の自然」以外にも、古代の歴史を満喫したい方におすすめ!

 

記事の執筆者
カナダ在住。ドラムヘラーでの実際の観光経験などをもとに記事を執筆。
【関連記事】

YouTubeで内容をサクッとチェック(約一分間)

 

ドラムヘラーはカナダのどこにあるの?

 

 

このあたりがドラムヘラードラムヘラーはカナダのアルバータ州に位置する町。独特な風景と豊かな歴史が特長。カナダのバッドランドの中心に位置し、丘が続き、深い峡谷と高いフードゥー(岩塊の柱状の細長い形状)が点在しているのが特徴です。また、恐竜の化石も有名で、ロイヤル・ティレル博物館もあり、ここで見つかった世界的にみても貴重な恐竜標本が展示されています。地質学的な素晴らしさに加えて、ドラムヘラーは「ハイキング、キャンプ、フィッシングなど」のアウトドアレクリエーションの機会も豊富。

カルガリーから見て東に約100km。昔はアトラス鉱山が栄えた町としても有名。

 

ドラムヘラーへの行き方

ドラムヘラーへの行き方

カルガリー市街からドラムヘラーへ車で約90分。ドラムヘラーの街は全体的に小さいため、ドラムヘラーの街を見るには1時間か2時間くらいで十分です。

また、アルバータ州では観光地としてバンフも有名。ドラムヘラーを訪れた後に、バンフの観光をすることも可能。車で移動することで注意しないといけないことは、「バンフはカルガリーから見て西方面」、「ドラムヘラーはカルガリーから見て東方面」にあります。

バンフ

バンフとドラムヘラーはカルガリーを中心に真逆。移動時間がバンフからドラムヘラーへ約3時間。休憩や渋滞を含めると4時間くらいはかかります。長距離の移動が苦手な方は、休憩を挟みつつ移動したほうがいいでしょう。

また、車で長距離を移動するため、道中で無数の小さい虫が車にぶつかります。帰宅後の洗車は念入りにしなくてはいけません。自家用車での移動の場合には覚悟した方がいいでしょう。ドラムヘラーは観光を主要な産業としている町ではありますが公共交通機関が発達していません。国際免許証を持っている方やカナダ国内で発行された免許証を持っている方は、レンタカーでドラムヘラーを観光するとスムーズ。

 

カナダのスーパーで買えるお菓子【おすすめ10選】

ドラムヘラーの観光地

ドラムヘラーの観光地

ホースシューキャニオン

ホースシューキャニオン

まず最初に紹介するのは「ホースシューキャニオン」です。ホースシューキャニオンはバッドランドの地形を一望できる絶景スポットで、その名の通り馬の蹄鉄(ほてつ)の形をしています。展望スポットから見下ろす景色は、まさに壮観!周りには茶色の地層が何層にも重なって見えます。この地層は、数百万年にわたる浸食や古代の川の流れによって形成。地球の長い歴史を物語っています。

ホースシューキャニオンでは、地層の美しさだけでなく、その形状も楽しむことができます。キャニオンの壁には、何層にもわたって積み重なった岩が見られます。この地層は、何百万年もの間に堆積した泥や砂、火山灰などが固まったもので、その歴史を感じることができます。さらに、キャニオンの周囲にはハイキングコースもあり、周りを散策して楽しむことができます。

Name
でこぼこした地面を歩くから、サンダルなどの歩きにくい靴はやめておいた方がいいかもね。

 

 

ロイヤル・ティレル古生物博物館

ロイヤル・ティレル古生物博物館

次に訪れたいのは「ロイヤル・ティレル古生物博物館」。ロイヤル・ティレル古生物博物館はドラムヘラーの街から約10キロ離れたところにあります。ロイヤル・ティレル古生物博物館はカナダで最も有名な恐竜博物館。本物の化石がたくさん展示されています。特に、完全な骨格を持つ恐竜の化石が見られるのは圧巻。展示方法も工夫されていて、実際の恐竜の姿が描かれていたり、触れることができる化石もあります。音声ガイドもあり、日本語で説明を聞くことができるので安心です。

発掘

 

ロイヤル・ティレル古生物博物館では、恐竜の化石だけでなく、地球の歴史を学ぶこともできます。博物館内には、恐竜の進化や絶滅の過程を紹介する展示や、古代の海洋生物の化石展示もあります。また、博物館の一部には、化石の発掘現場を再現したエリアもあり、研究員が実際に化石をクリーニングしている様子を見ることができます。

 

 

 

ワールド・ラージェスト・ダイナソー

ワールド・ラージェスト・ダイナソー

 

Name
巨大なティラノサウルスを遠くから撮影した写真。巨大なティラノサウルスの写真をよく見ると思います。実はもう一体、小さめのティラノサウルスもいるんだよ!

ドラムヘラーの観光案内所の隣には、「ワールド・ラージェスト・ダイナソー」という巨大なティラノサウルスの像があります。象のは高さ26.2メートルもあり、中に入って展望デッキから景色を楽しむことができます。恐竜の口の中から見るバッドランドの風景は、まるで恐竜時代にタイムスリップしたかのような気分にさせてくれます。

この巨大な恐竜像は、子供たちにとって特に人気のスポットです。恐竜中の階段を登りながら、その巨大さに驚くこと間違いなし!恐竜の口の中にある展望デッキからは、ドラムヘラーの町や周囲のバッドランドの景色を一望できます。写真撮影にも最適な場所。

化石

恐竜の中に入りためには入場料を支払う必要あり。入場料の支払いは、建物に入ってすぐのところにあるお土産屋さんのカウンターで支払い可能。

Name
駐車場から展望台にいる人を撮影できます。そのため、1人が駐車場に残り、そこから展望台にいる方を撮影してもいい写真が撮れますよ!

 

アルバータ州で見つかった恐竜の化石

アルバータ州で見つかった恐竜の化石

2022年2月18日、カナダのアルバータ州で恐竜のミイラ化した化石が発見されました。Brian PickelsとCaleb Brownの2人の古生物学者が、ウェンブリーの町から南西約60キロメートルの場所で発見。

恐竜のミラノは、頭部と首、前肢、および脚の一部を含んでおり、状態が非常にいいものでした。この化石は「ハドロサウルス」と呼ばれ、アヒルのようにくちばしを持ち、草食性の恐竜でした。

ハドロサウルスはアルバータ州で非常によく見つかる恐竜の1つであり、その中でもこの化石は、化石の保存状態が非常に良好であるため、科学者にとって非常に貴重な発見。この発見により、解剖学的構造や生態学的特徴をより深く理解することができるようになると期待されています。

また、アルバータ州には他にも多くの恐竜の化石があり、その中でも「ティラノサウルス・レックス」や「トリケラトプス」といった有名な恐竜の化石も見つかっています。アルバータ州は、恐竜の発掘や研究にとって非常に重要な場所。多くの科学者が恐竜の研究に取り組んでいます。

Name
最近でも化石が発掘される続けているということが驚きです

アルバータ州の気候

アルバータ州の気候

アルバータ州の気候は、標高や地形によってかなり異なります。一般的に、州全体としては乾燥しており、夏季は暑く乾燥し、冬季は寒く乾燥しています。以下にアルバータ州の年間気候についての情報をまとめます。

  • 年間平均気温: アルバータ州の年間平均気温は摂氏3度から6度程度で、季節によって変動します。冬季は摂氏マイナス20度からマイナス10度程度になり、夏季は摂氏20度から25度程度になります。
  • 降水量: アルバータ州は年間を通して降水量が少なく、特に夏季は非常に乾燥しています。州全体の年間平均降水量は400mmから500mm程度で、山岳地帯では年間降水量が多くなります。
  • 夏季: 夏季は6月から8月にかけて続き、比較的暑くて乾燥しています。日中の気温は摂氏20度から25度程度で、夜間は涼しくなることがあります。夏季には非常に少ない降雨があり、晴天が続くことが多いです。
  • 冬季: 冬季は11月から3月にかけて続き、非常に寒く乾燥しています。日中の気温は摂氏マイナス20度からマイナス10度程度で、夜間はさらに寒くなることがあります。冬季には、雪が積もることが多く、スキーやスノーボードなどのウィンタースポーツが盛んです。
  • 春季と秋季: 春季と秋季はそれぞれ3月から5月と9月から11月にかけて続きます。これらの季節は、日中は比較的温かく、夜間は冷え込むことがあります。春季と秋季には、降雨量がやや多くなることがあります。

 

アルバータ州の気候は非常に乾燥しており、季節によって気温が大きく変動します。冬季は非常に寒く、夏季は暑く乾燥しているため、旅行する際には季節や天候に合わせた準備をすることが大切です。

カナダでオーロラを見れる場所【星空の完全ガイド】

 

フードゥー

アルバータ州の気候

ドラムヘラー周辺には「フードゥー」と呼ばれる奇妙な形をした岩がたくさんあります。フードゥーはドラムヘラーから車で約15分にあるバッドランドと呼ばれる地域にあります。ちなみにバッドランドとは、草木が生えるのが難しい土地のこと。
フードゥーは水の流れによる浸食で、徐々に岩盤が削られていき、岩の頂上に硬い石が残り、その下の柔らかい部分が削られます。すると、まるでキノコやラクダのような形になります。こうして形成されたフードゥーは高さがあり、観光客に人気です。数千年かかって形成されることもあり圧巻の美しさ。

フードゥー

フードゥーは非常に壊れやすいため、登ることはできませんが、近くでその形状を観察できます。

西洋のトルコにあるカッパドキアの光景ととてもよく似ています。
実際に現地を歩き回ることもできるため、見るだけでなく、実際に自分の足で体験することができる場所として人気です。
ただし、トルコのカッパドキアでは洞窟内に泊まれるようなホテルがありますが、ドラムヘラーにはこういった宿泊施設はありません。

 

ダイナソー州立恐竜公園 

公園

 

ドラムヘラーから少し離れたところにある「ダイナソー州立公園」。ダイナソー州立公園は世界遺産に登録されている州立公園。約37,000ヘクタールもの広さを保護されている歴史あるエリア。世界で最も重要な恐竜化石地域の1つ。アルバータサウルス、カシモサウルス、セントロサウルスなど多くの種類の恐竜の化石が発見されました。また、ダイナソー州立公園はユネスコ世界遺産に登録されており、エリア内からは多くの恐竜の骨や古代生物の化石が見つかっています。
化石発掘体験では、専用の道具を使って地層を掘り、実際に化石を見つけることができます。発掘した化石を通じて、恐竜がどのように生きていたのか、どのように絶滅したのかを考えることができるのは、とてもロマンがありますね。

 

体験プログラム

体験

 

ダイナソー州立公園では、様々な発掘体験プログラムが用意されています。実際に化石発掘体験ができます(要事前予約)。短時間の簡単な体験から、本格的な発掘まで、自分の興味や時間に合わせて選択可能。また、公園内には化石を発掘するだけでなく、見つけた化石をその場で分析するワークショップも。ワークショップで化石の年代や種類を特定する方法を学ぶこともできます。

古生物学的な意義だけでなく、バッドランドの地形、河川地帯など多様な自然環境が整っています。ハイキング、キャンプなどを通じて公園の歴史、地質、野生生物などを学ぶことができます。

 

ガイドアプリ (https://albertaparks.ca/parks/south/dinosaur-pp/)

ガイドアプリ

ホームページからガイドサービスの申し込みができます。申し込みをすると専門のガイドの方が付き添ってくれて、化石の紹介や恐竜の生態について説明してくれます。また、ガイドなしの観光ではみることができない貴重な場所への案内もしてくれるため、恐竜州立公園を訪れる際にはガイドサービスへ申込するとより一層楽しめるでしょう。
申し込みをする際に気を付けなければいけないことは、とても人気があるため、特に子供たちが夏休みを迎える夏には予約がいっぱいになることも。

化石を持って帰ってもいいの?
ダイナソー州立公園から恐竜の化石を持ち出すことはできません。アルバータ州では、化石の採取や持ち出しが厳しく規制されています。化石は科学的な研究や教育のための貴重な資源であり、無断で持ち出すことは法律で禁止されています。公園内の化石は保護されており、訪問者が見つけた化石はそのままにしておく必要があります。
お土産の化石は持って帰ってもいいの?
お土産屋で販売されている化石については持ち帰りをすることができます。化石を持ち帰りたい方は、お土産屋で化石のレプリカを購入することをおすすめします。
Name
ダイナソー州立公園などの保護区域内からの採取は特に禁止されており、恐竜化石は貴重な学術資源として保護されています。恐竜化石は国や地域の歴史や文化の一部であり、採取や持ち出しや移動によって失われてしまうことがあります。もし化石を持ち出すことが必要な場合は、適切な許可を取得することが求められます。

 

ドラムヘラーの歴史

ドラムヘラーの歴史

炭鉱の町としての歴史

ドラムヘラーは、かつて炭鉱の町として栄えていました。1930年代には人口が3万人を超え、カナダ西部最大の石炭生産地でした。現在では、観光地としての顔が強くなっていますが、町のあちこちに炭鉱時代の名残があります。

ドラムヘラーの炭鉱の歴史は、町の成り立ちに深く関係。町の周辺には、かつての炭鉱跡地や炭鉱作業員の住居が残されており、歴史を感じられます。観光で遺跡を訪れることで、炭鉱時代の生活や労働の様子を学べます。

 

ソルトスプリング島(Saltspringisland)観光情報 ≪BC州の離島≫

ドラムヘラー ツアー

ドラムヘラー ツアー

ドラムヘラーへ行くツアーを企画しているツアー会社は多くありません。日本からドラムヘラー観光までできるツアーはクラブツーリズムで募集しています。

クラブツーリズムで募集している「ドラムヘラーツアー」の内容をご紹介します。

カナダ・アルバータ州 恐竜ロマン旅7日間の日程概要
『各出発日12名様限定/ウエストジェット航空往復直行便利用(成田~カルガリー間)/恐竜ファンのあなたに贈る カナダ・アルバータ州 恐竜ロマン旅7日間』
旅行代金: 598,000 円 ~ 723,000 円

燃油サーチャージ: 別途必要(基準日: 2024/04/05、大人: ¥66,000 ~ ¥66,100、子供: ¥66,000 ~ ¥66,100)
催行日: 7月25日催行決定
最少催行人員: 8名様
食事: 朝食: 5回、昼食: 3回、夕食: 3回
添乗員: あり
現地係員: なし
特典:クラブツーリズムパス推しタビ会員限定割引特典(5,000円) 

日付 活動内容
1日目 成田発、ウエストジェット航空でカルガリーへ直行便
カルガリー着後、ドラムヘラーへ移動
宿泊地:ドラムヘラー
食事 朝:-
昼:-
夕:-
2日目 ドラムヘラー観光
ホースシュー渓谷、ロイヤルティレル古生物博物館見学
宿泊地:ドラムヘラー
食事 朝:あり
昼:あり
夕:あり
3日目 ドラムヘラー観光
化石探し体験
宿泊地:ドラムヘラー
食事 朝:あり
昼:あり
夕:あり
4日目 カルガリーへ移動
カルガリー市内観光
宿泊地:カルガリー
食事 朝:あり
昼:あり
夕:-
5日目 自由行動
宿泊地:カルガリー
食事 朝:あり
昼:-
夕:-
6日目 カルガリー発、ウエストジェット航空で成田へ
機中泊
食事 朝:あり
昼:-
夕:機内食
7日目 成田着
食事 朝:機内食
昼:-
夕:-

 

まとめ

まとめ

ドラムヘラーの楽しみ方

ドラムヘラーは、家族連れでも楽しめるスポットがたくさんあります。恐竜の博物館や化石発掘体験、フードゥーの探検など、子供から大人まで楽しめるアクティビティが豊富。

家族で訪れる場合は、まずはロイヤル・ティレル古生物博物館を訪れてみてください。ここでは、子供たちが恐竜の骨格を間近で見たり、触れたりすることができます。また、化石発掘体験では、家族全員で一緒に化石を見つける楽しみを共有できますよ!

error: Content is protected !!