カナダにも台風はくるの?【わかりやすく解説】

カナダにも台風はくるのか?

カナダ 台風はくるのか??

カナダにも台風(ハリケーン サイクロン)はきます!

ただし、日本に比べると台風がカナダにくる回数はすくないです。

そのため、「台風で電車やバスがこない」「台風でお店がしまる」「台風で休校になる」という事態にはおちいりにくいです。

その反面、台風(ハリケーン サイクロン)がカナダにくると甚大な被害をもたらすことがあります。

記事の執筆者
カナダ在住。10年以上の銀行員経験を持ち、メガバンクで資産運用から金融商品の提案・販売まで多岐にわたる業務を経験。銀行員時代は台風と銀行員の出勤は密接な関係があるため、気候情報を逐一チェックしていました。カナダでは台風がほぼ来ないため、実体験をもとにカナダにおける台風情報をまとめました。

カナダ在住者がオススメする中古車の購入方法【体験談】

カナダ 台風とハリケーンとサイクロンでどう違うの?

台風サイクロン

この記事のはじめで「台風」と表現しましたが、厳密にはカナダでは台風とは呼びません。

台風とハリケーン、サイクロンでどのように違うのかをこれから説明します。

「台風」「タイフーン」「ハリケーン」「サイクロン」は、いずれも熱帯性低気圧であり、気圧の中心部が温帯地域と熱帯地域の境界線にある領域で発生します。熱帯地域の暖かく湿った空気と、温帯地域の冷たく乾燥した空気が混ざり合うことで発生するため、世界各地で発生しやすい気象現象です。

ここはどれも共通しています。

 

 

ただし、「台風」は、日本独自の基準で、北西太平洋や南シナ海に存在する熱帯低気圧のうち、最大風速が秒速17メートル以上に達したもの。

日本では、台風の強さは「十四号風速」という独自の風速階級で表されます。台風は、太平洋の西岸や南シナ海、東シナ海、日本海などで発生し、日本列島に多く接近して影響を与えます。

日本では、毎年夏から秋にかけて台風シーズンが訪れ、大雨や強風、高波などの被害をだします。

 

タイフーン

taihu-n

「タイフーン」は、国際基準によって最大風速が秒速33メートル以上に達した太平洋の北西や南シナ海に存在する熱帯低気圧を指します。

タイフーンは、台風とほぼ同じように発生し、多大な被害をもたらすため、日本でもタイフーンという言葉が使われることが稀にあります。

ただし、国際的な取り決めによって、最大風速が1分間平均で33m/s以上になったものがタイフーンと呼ばれないといけません。

33m/s未満ではタイフーンと呼んではいけないことになっています。

 

ハリケーン

harike-nn

「ハリケーン」は、北大西洋やカリブ海、メキシコ湾、北東太平洋などで発生する熱帯低気圧を指します。最大風速が秒速33メートル以上に達したもの。

ハリケーンは、台風やタイフーンと同じように、強風や高波、豪雨などを引き起こし、被害をもたらします。

アメリカでは、毎年6月から11月にかけてハリケーンが猛威をふるう季節となっています。

 

サイクロン

サイクロン

「サイクロン」は、北インド洋やベンガル湾、アラビア海、南西太平洋などで発生する熱帯低気圧を指します。最大風速が秒速17メートル以上に達したものをサイクロンと呼びます。

サイクロンは、台風やタイフーンと同様に、強風や高波、豪雨などをもたらし、被害をもたらします。南半球では、台風やサイクロンが発生する頻度が比較的高く、豪雨や高波、洪水などの災害が発生することがあります。

 

カナダから日本に電話をかける方法まとめ【楽天リンクで通話料0円】

 

「台風」「タイフーン」「ハリケーン」「サイクロン」が発生する熱帯低気圧とはなに?

熱帯低気圧

熱帯低気圧が発生する原因は、太陽の熱が地球の赤道周辺に集中することによって、熱帯地域の海水が蒸発し、大量の水蒸気が上昇して発生します。その後、水蒸気が上空で冷やされることによって、雲が形成され、大きな塊となって熱帯低気圧が発生します。

台風やタイフーン、ハリケーン、サイクロンなどの熱帯低気圧は、世界中で発生するため、各国がそれぞれ独自の名前の付け方をしています。また、各国の災害対策も異なります。

たとえば、日本では台風が発生すると、気象庁が警報や注意報を発表して、被害を最小限にするための情報を提供します。

アメリカでは、ハリケーンが発生すると、国立ハリケーンセンターが情報を提供して、住民に避難勧告を行います。

各国の気象庁や気象機関は、国際的な情報交換や協力を行って、熱帯低気圧による被害を最小限にするための取り組みを行っています。

熱帯低気圧が発生する頻度は、地球温暖化の影響によって増加するともいわれており、熱帯低気圧による被害を最小限にするためには、防災意識の向上や早期の対策が重要。また、地球温暖化の抑制や環境保護など、総合的な対策が求めらます。

【最新版】カナダの釣り「ライセンス」「規制」など

カナダにおける台風(ハリケーン)の影響について

カナダ影響

 

カナダは、緯度が高く、北極圏に近いため、ハリケーンや台風の影響を受ける可能性は低いとされています。

しかし、大西洋岸沿い(カナダの東側)の地域や太平洋岸沿い(カナダの東側)の地域では、ハリケーンや台風の影響を受けることがあります。

大西洋岸沿いの地域では、特に9月から10月にかけてハリケーンのシーズンがあります。過去には、1995年のハリケーン・マリリンや2003年のハリケーン・フアンが、ノバスコシア州やプリンスエドワード島などを襲ったことがあります。また、2019年のハリケーン・ダリアンも、ニューファンドランド・ラブラドール州を直撃し、強風や大雨をもたらしました。

太平洋岸沿いの地域では、冬季には暴風雨や洪水の被害が発生することがあります。過去には、2018年にはブリティッシュコロンビア州のバンクーバー島で、台風の影響で大雨や洪水が発生しました。ただ、カナダの東側の地域に比べると、ハリケーンの影響を受ける機会は少ないです。

 

カナダ政府は、ハリケーンや台風などの自然災害に備えるため、災害対策の情報を提供しています。具体的には、災害発生時の行動や避難方法、緊急連絡先などが紹介。

注意

旅行者がカナダを訪れる際には、外務省のウェブサイトなどから、現地の天候情報や災害情報を確認することが重要です。また、ハリケーンや台風のシーズンには、航空便や交通機関が欠航することがあるため、旅程の調整が必要となる場合があります。

とくにカナダ航空は搭乗日前日でも、「欠航のうえ、自動的に他の飛行機へ振替」「振替後の飛行機では旅行日程が成り立たないため、カナダ航空に電話で問い合わせをするも何時間も電話が繋がらず」と悲惨な状況に陥るケースがあります。旅行時の気象には気をつけましょう。

以上のように、カナダにおけるハリケーンや台風の影響には、地域によって異なる特徴があります。旅行者や地域住民は、正確な情報を収集し、災害に備えることが大切です。

 

Twitter

台風とはちがうストーム(暴風雨)について

 

西海岸のタイフーン

 

カナダの東側のハリケーン

 

 

2024年 カナダの祝日 【早見表】

カナダに台風はくるのか まとめ

カナダに台風はきます。

  • 台風がくる回数は少ないため、過度に避ける必要はない
  • カナダ政府は災害対策に力をいれている
  • 太平洋側(カナダの西側)より大西洋側(カナダの東側)のほうが台風がきやすい

ということを踏まえて、カナダに住む場所や観光をする場所を選びましょう。

error: Content is protected !!